湯豆腐/ 日本の鍋自慢 - 日本の鍋自慢

湯豆腐/ 日本の鍋自慢

yudoufu.jpg湯豆腐は全国各地で広く食べられていると思いますが、それでも湯豆腐といえば京都でしょうね。
本当に単純な料理ですから水と大豆の素材と製法技術も有るのでしょうね。


湯豆腐豆知識

湯豆腐(ゆどうふ)は、豆腐を使った料理の一つ。冬の代表的な鍋料理のひとつ。

鍋に昆布を敷き、水を張った中に一口大に切った豆腐を入れ、温まったところを引き揚げてつけダレで食べる。あまり長く煮ず、豆腐がぐらりと動いた程度で食べるのがよいとされる。江戸時代の料理本「豆腐百珍」では、「湯やっこ」として最上級である「絶品」にランクされている。

なにしろ豆腐、水、昆布だけが材料であるからそれぞれに高品質なものが求められる。特に水が良質であることは絶対条件であり、京都のものが名高いのもその所以である。

つけダレには、醤油、または醤油、酒、みりん、出汁等を合わせたもの、あるいはポン酢醤油などが用いられ、薬味としてネギ、ユズ、大根おろし(紅葉おろし)、削った鰹節などがよく用いられる。

塩ひとつまみ、あるいは刻んだ大根をいれると豆腐にスが入らず、やわらかく仕上がるという。豆腐と一緒にハクサイや鱈の切り身を煮る場合もある。しかしあまり味の濃いものをいれると淡味が身上のこの料理が台無しになってしまうので野暮というものである。




材料(4人前)


豆腐 2丁

水菜 適量

あさつき 2〜3本

にんじん 1/4本

ゆずの皮 適量

ポン酢しょうゆ 適量

キユーピー
深煎りごまドレッシング 適量


1. あさつきは小口切りにし、にんじんはすりおろしておく。
ゆずの皮は細かい千切りにする。

2. 湯をはった鍋に豆腐を入れ、適当な長さに切った水菜を加える。

3. 1を薬味とし、お好みでドレッシングとポン酢を割っていただく。
・ お好みの野菜やきのこ類を加えてもよいでしょう。

画像、作り方ともキューピーとっておきレシピ様からお借りしました

http://www.kewpie.co.jp/recipe/dres_recipe/recipe_052.html

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 日本の鍋自慢 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。