鯨のハリハリ鍋/ 日本の鍋自慢 - 日本の鍋自慢

鯨のハリハリ鍋/ 日本の鍋自慢

????????????????????????.jpgハリハリ鍋は京都の水菜を使って肉や魚を使った鍋ですが、ここでは和歌山の鯨料理の一つとしてご紹介します。

ハリハリ鍋豆知識

はりはり鍋(はりはりなべ)は、鯨肉と水菜を用いた鍋料理の一種。関西地方の料理である。「はりはり」は、水菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現。

一般の鍋料理と違い、水菜と鯨肉(もしくは鯨の代用の肉)以外、まったく何も入れない簡素な料理である。

かつて捕鯨が盛んだった時代には、日本では鯨肉は安価で手に入りやすい食材であった。そのためはりはり鍋は庶民の素朴な味覚として好まれていたが、商業捕鯨が中止され鯨肉が入手困難になってからは、代わりに豚肉、もしくは鴨肉が代用されるようになった。

昆布で出汁をとった鍋に水菜をたっぷりと入れ、鯨肉の脂身のついたものを薄切れにして加える。煮立ったら、ポン酢で頂く。好みにより、七味唐辛子をかける。また、出汁を使わずに水菜から出る水分だけで煮て、酒・醤油・砂糖で味付けする形式もある。

バリエーションとして、鯨肉の代わりに油揚げを用いる「キツネ鍋」がある。



画像ははりはり鍋(はりはりなべ)は、鯨肉と水菜を用いた鍋料理の一種。関西地方の料理である。「はりはり」は、水菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現。

一般の鍋料理と違い、水菜と鯨肉(もしくは鯨の代用の肉)以外、まったく何も入れない簡素な料理である。

かつて捕鯨が盛んだった時代には、日本では鯨肉は安価で手に入りやすい食材であった。そのためはりはり鍋は庶民の素朴な味覚として好まれていたが、商業捕鯨が中止され鯨肉が入手困難になってからは、代わりに豚肉、もしくは鴨肉が代用されるようになった。

昆布で出汁をとった鍋に水菜をたっぷりと入れ、鯨肉の脂身のついたものを薄切れにして加える。煮立ったら、ポン酢で頂く。好みにより、七味唐辛子をかける。また、出汁を使わずに水菜から出る水分だけで煮て、酒・醤油・砂糖で味付けする形式もある。

バリエーションとして、鯨肉の代わりに油揚げを用いる「キツネ鍋」がある。

画像ははりはり鍋(はりはりなべ)は、鯨肉と水菜を用いた鍋料理の一種。関西地方の料理である。「はりはり」は、水菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現。

一般の鍋料理と違い、水菜と鯨肉(もしくは鯨の代用の肉)以外、まったく何も入れない簡素な料理である。

かつて捕鯨が盛んだった時代には、日本では鯨肉は安価で手に入りやすい食材であった。そのためはりはり鍋は庶民の素朴な味覚として好まれていたが、商業捕鯨が中止され鯨肉が入手困難になってからは、代わりに豚肉、もしくは鴨肉が代用されるようになった。

昆布で出汁をとった鍋に水菜をたっぷりと入れ、鯨肉の脂身のついたものを薄切れにして加える。煮立ったら、ポン酢で頂く。好みにより、七味唐辛子をかける。また、出汁を使わずに水菜から出る水分だけで煮て、酒・醤油・砂糖で味付けする形式もある。

バリエーションとして、鯨肉の代わりに油揚げを用いる「キツネ鍋」がある。


超簡単【絶品!ハリハリ鍋の召し上がり方】
セット以外でご用意いただくものは、たっぷりの水菜とおろし生姜に
木綿豆腐もご用意下さい(豆腐はよく煮込んだ方が美味しいです。)
※好みで茸類を入れても美味しいですよ
1.鯨肉の赤身をスライスします
 鯨の赤身肉は自然に半解凍して、半凍り位でスライスして下さい
血が気になるお客様はスライス後にザルなどに入れて血をきって下さい。
 さえずりとミンクの本皮スライスしておりますので。そのまま解凍して下さい。
解凍した時に出る脂分は捨てないで、お出汁に入れて下さい。
(鯨の脂は、体にとてもよいので、ご安心して召し上がり下さい。)

2.だし汁を合わせます(当店秘伝の出汁付き)
 当店自慢の秘伝濃縮出汁1本(200cc)を、お好みにより
濃め1300cc〜薄め1600ccの水、またはお湯で薄め、火にかけます。
お出汁が沸いてきたところに生姜のしぼり汁を入れます
3.さえずりを入れ、灰汁(あく)を取ります
 沸いただし汁に、まずさえずりを入れ、少しの間弱火でことことと煮込
みます。灰汁(あく)が表面に出てきますのでお玉などですくい取ります。
 さあ!これでハリハリ鍋の準備完了です。
(さえずりから出る、お出汁は信じられないくらい美味しいですよ)
4.本皮と赤身を入れます
後はご自由に召上って下さい。(ハリハリ鍋をご堪能下さい)
赤身鯨肉は煮込み過ぎない程度でお召上り下さい(旨味が抜けます)
水菜は鯨と良く合いますし、サッパリしていますので、
たくさん用意しておいて下さい。鍋の火加減は強火で結構です。

画像作り方は「鯨の〆谷商店」様のホームページよりお借りしました。
  http://www.simetani.com/resipi.htm

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 日本の鍋自慢 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。