水炊き/ 日本の鍋自慢 - 日本の鍋自慢

水炊き/ 日本の鍋自慢

mizutaki.jpg水炊きというともう全国に広まっていますが博多が発祥のようですので福岡の鍋料理にさせていただきます。

水炊きの豆知識

水炊き(みずたき)は鍋料理の一種。皮や骨のついた鶏肉のぶつ切りで作るもので、本来は湯で煮たために「水炊き」の名があるが、現在では多くの場合鶏がらなどのだし汁を用いる。それ以外の味は付けず、小皿にポン酢等を入れ、これで味を付けて食べるものである。

普通、鶏肉の他に白菜を入れ、好みでキノコ類、しらたき、春菊などを入れる。うどんを入れてもおいしい。また鶏肉以外の牛肉や豚肉などの場合も水炊きと呼ぶことがある。あとのだし汁で雑炊を作るとまたおいしい。

博多の郷土料理が起源とされることが多いが、鶏の鍋焼きは江戸時代から全国的にあり、明治以降になって鳥鍋として盛んに行われるようになった。

また、長崎に生まれた林田平三郎氏が1897年、15歳で香港に渡り、英国人の家庭に住み込みで料理の勉強をしていた。そして帰国後、そこで習得した西洋料理のコンソメと中国風鶏のスープをアレンジし、1905年に博多水炊きを完成させたのが起源であるという説もある。



(4人分)


鶏胸皮付き … 骨つき1000g
はくさい … 500g
木綿豆腐 … 2丁
ねぎ … 3本
切りみつば … 3束
[ポン酢醤油]
 みりん … カップ1/4
 しょうゆ … カップ1/2
 だいだい … 1個
[薬味]
 大根 … 適量
 赤唐辛子 … 適量
 あさつき … 適量

まこんぶ … 15cm


1. 鶏肉は食べやすい大きさのぶつ切り、白菜は4〜5cm長さのざく切り、豆腐はやっこに切り、ねぎは斜め切り、みつばは根を落として、適宜に切る。

2. みりんを煮きり、しょうゆ,だいだいの絞り汁を加えてポン酢しょうゆを作る。

3. 大根に赤唐辛子を差し込んですり、もみじおろしを作る。あさつきは小口切り。

4. 土鍋に昆布と水を入れて30分おき、火にかけて沸きはじめたら昆布を取り出し、鶏肉を入れて沸騰したらアクをすくい、中火で20分くらい煮る。他の材料を入れ、煮ながらポン酢しょうゆと薬味でいただく。

画像、作り方ともYahoo!グルメ 様からお借りしました
  http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/T002223/
福岡県の鍋料理カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 日本の鍋自慢 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。