おでん/ 日本の鍋自慢 - 日本の鍋自慢

おでん/ 日本の鍋自慢

oden_b.jpgおでんは子供の頃から慣れ親しんだ鍋のひとつです。ただ名称は違っても各地に同じような料理は存在すると思いますがここでは関東のおでんをご紹介します。


おでん豆知識

室町時代に出現した味噌田楽、田楽と言われる食物が原型である。古く田楽と呼ばれた料理には、現在の味噌田楽および田楽である具を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、具を茹でた煮込み田楽があった。のち、煮込み田楽が女房言葉で田楽の「でん」に接頭語「お」を付けた「おでん」と呼ばれるようになり、単に田楽といえば焼き田楽をさすようになった。その後、江戸時代にそれまでの溜りから濃口醤油が発明され、醤油味の濃い出汁で煮た「おでん」がつくられるようになった。それが関西に伝わり「関東炊き」、「関東煮(だき)」と言われる。

関東炊きと関西で言われるような濃い味付けのおでんは余り見かけなくなったような気がします、東京で「お多幸」という店がありますが、薄味の方が主流になっていると思います。(管理人)

長野県 - 飯田地方では、醤油の出汁で煮た一般的なおでんに、ネギダレ(みじん切りにしたネギを醤油に漬け込みネギのエキスにより粘り気の出たタレ)をかけて食べる。人気の具は豆腐である。

静岡県 - 静岡市葵区の繁華街にはおでん店だけが軒を連ねる飲食店街があったり、多くの駄菓子屋でもおでんを販売している。また静岡県のおでん自体も濃口醤油を使い牛スジ肉でだしを取った黒いつゆが特長で、はんぺんは焼津産の黒はんぺん、すべての具に竹串を刺してあるのが特徴で、上に「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食べる。これは「静岡おでん」(発音は静岡市周辺での「静岡」の読まれ方にならって『しぞーかおでん』)と呼ばれている。

愛知県 - 地元のどて煮をヒントに八丁味噌をベースにした「味噌おでん」がある。ダイコン、こんにゃく等の定番の具の他に豚バラ肉が入っている。味噌味の染みた卵をご飯の上に乗せて食べるのが特徴。

兵庫県姫路市 - からしの代わりにしょうが醤油をかけて食べる。

香川県 - うどん屋では、必ずと言っても良いほど副食として販売されており、客は注文したうどんが出来上がるまでの間などに、甘辛い味噌をつけて食べる。このおでんに使われるダシはうどんに使うダシと共通であることが殆どである。


材料(5〜6人分)

はんぺん(大判) 1枚
焼ちくわ 1袋
揚ボール 1袋
そのまま便利ごぼう巻(または、そのまま便利いか巻) 1パック
魚河岸あげ 1パック
紀文つみれ 1パック
すじ 1パック
結び昆布 4本
こんにゃく 1枚
大根 1/3本
ゆで卵 5〜6個
A.おでん汁の素 顆粒なら3袋
 水 3リットル
辛子 適宜
1. はんぺんは三角に4等分にし、焼ちくわは長さを半分に切ってから斜めに切る。
2.こんにゃくは両面に細かく包丁で切りめを入れて(かくし包丁)、食べやすい大きさに切り、さっとゆでておく。
3.大根は2cm厚さに切り、下茹でする。
4.鍋にAを入れ、結び昆布、大根、こんにゃく、ゆで卵を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にして約20分煮る。
5.4に焼ちくわ、つみれ、すじを加え、さらに約15分煮る。
6.5に揚ボール、ごぼう巻、魚河岸あげを加えて約15分煮る。
7.最後にはんぺんを加えて汁をかけながら温め、ふっくらしたら火を止める。

(画像、作り方とも「紀文おすすめレシピおでん」
   http://www.kibun.co.jp/recipe/oden/oden01.html  からお借りしました)

東京の鍋料理カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 日本の鍋自慢 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。