きりたんぽ鍋/ 日本の鍋自慢 - 日本の鍋自慢

きりたんぽ鍋/ 日本の鍋自慢

??¨??±????.jpg秋田県の鍋といえばきりたんぽ鍋でしょうか。
私はラーメンが好きで色々なお店を食べ歩きしていました。ある時比内地鶏からダシをとったというラーメンに出会ってその濃厚でいてアッサリしたスープにビックリして比内地鶏のファンになってしまいました。
その比内地鶏を使った鍋ですから美味しくないわけが有りませんね。

たんぽ豆知識

たんぽ
切る前の段階でのきりたんぽのことをさし、ほとんどの人がこれを「きりたんぽ」と思い込むが、切っていないので「たんぽ」という。「たんぽ」とは本来、稽古用の槍につける綿を丸めて布で包んだものを指し、杉の棒にご飯を巻き付けたところがたんぽをつけた槍(たんぽ槍)に似ていることからその名が付いた。

比内鳥(比内地鶏)豆知識

比内鳥
比内鶏(ひないどり)は、秋田県北部の米代川流域を中心に、古くから飼育されてきた家禽。首が長く鶏冠は小さい。日本各地の地鶏は東南アジアや中国などの近隣諸国から渡ってきた鶏が自然交配して形成されていったと考えられているが、比内鶏は縄文時代以前から比内地方に存在した日本固有の種であり、野鶏に近く品種改良もされていない貴重な存在である。そのため1942年(昭和17年)7月21日に国の天然記念物に指定された。それにより食用できなくなってしまい、比内鶏の特長を受け継ぐ、比内地鶏が開発された。比内地鶏は、比内鶏とロードアイランドレッド種を掛け合わせたもの。秋田郷土料理のきりたんぽには欠かせない食材である

比内地鶏
薩摩地鶏、名古屋コーチンと並んで三大地鶏に数えられる。 比内鶏の特長を受け継がせるためパートナーとして数百の鶏の中から選び抜いたのがロードアイランドレッド種であった。雄の比内鶏と雌のロードアイランドレッドを掛け合わせた一代限りの雑種F1を品種として固定したのが比内地鶏である。比内鶏は体が小さく繁殖力も弱いため必ずしも食用には向いていなかったが、大型で繁殖力が強いロードアイランドレッドと掛け合わせたことにより比内地鶏ではこの問題を解決している。肉質は「歯ごたえはあるが加熱しても固くなり過ぎず、肉の味が濃い」「濃厚な脂の旨み」など比内鶏の特長を色濃く受け継いでいる。 食用に出荷される比内地鶏は「一坪につき1〜1.5羽」の土地を確保すること、放し飼いすること、180日程度の長期飼育などが義務づけられており、経費も全て「比内地鶏専用口座」を通すことなど厳格な規定が存在する。当然これは比内地鶏の品質を維持することや偽物への対策にもつながっている。 また、比内地方の黒土を主とした土壌はその性質から鶏を美味に育てるのに非常に適しており、同じ種の鶏でも比内地方で育てると美味になるという。



材料(4人分)


きりたんぽ … 3〜4本
鶏もも肉 … 1〜1.5枚
白菜 … 1/8株
ゴボウ … 2本
水煮タケノコ … 1本
白ネギ … 2〜3本
マイタケ … 2パック
セリ … 1束
糸コンニャク … 1袋
[合わせだし]
 固形チキンスープの素 … 2個
 酒 … 大さじ6
 みりん … 大さじ3
 しょうゆ … 大さじ4
 水 … 1200〜1500ml

柑橘汁 … 大さじ3
一味唐辛子 … 適量


1. きりたんぽは斜めに2〜3つに切る。鶏肉はひとくち大に切り、白菜は根元を切り落とし葉はザク切りに、軸は削ぎ切りにして、水洗いし水気をきる。柑橘汁を搾っておく。ユズ、スダチ、レモンなどのブレンド汁も美味しいです。柑橘の酸味が苦手な方は、みかんの搾り汁を加えれば甘酸っぱくて美味しいですよ。

2. ゴボウはタワシできれいに水洗いし、ササガキにして水(分量外)に放ち、アクを抜き水気を切る。水煮タケノコは縦にクシ切りにし、白ネギは1cm幅の斜め切りにする。マイタケは石づきを取り食べやすい大きさにさばき、サッと熱湯(分量外)を掛ける。

3. 糸コンニャクは食べやすい長さに切って熱湯(分量外)でゆで、ザルに上げる。<合わせだし>を鍋に入れて火にかけ、固形チキンスープの素を煮溶かす。セリは水洗いして根元を切り落とし、4cmの長さに切る。


4. 鍋に<合わせだし>を入れて火にかけ、煮立ってきたらゴボウと鶏もも肉を加える。

5. 再び煮立ったら他の具を加える。


6. 取り鉢に煮えた具と煮汁を取り、お好みで柑橘汁、一味唐辛子を振り掛けて頂く。きりたんぽは早くから入れると、煮崩れてしまいますので、注意して下さい。

鍋画像、レシピともYahoo!グルメ 様よりお借りしました            http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/E901510/





秋田県の鍋料理カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【かにまみれ】業界最高水準「4特」毛ガニを
ぜひ一度味わってみてください。


栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 日本の鍋自慢 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。